低身長の検査に行く3「クロニジン(カタプレス)」&結果

Share

ちゅきさん、3回めの「成長ホルモン分泌刺激試験」、今回は「クロニジン(カタプレス)」です。

インスリン、アルギニン、グルカゴン、クロニジン、Lドーパ、GHRP‐2

この薬剤のうち2種類以上で成長ホルモン欠損が認められたら「成長ホルモン分泌不全性低身長症」という事になります。


さて、今回の「クロニジン」、血圧を下げる薬です。高血圧症の人が使います。
血圧が下がると成長ホルモンが出るらしい。不思議ですね~。

クロニジンは粉薬(経口投与)でした。
上手に薬が飲めて、看護師さんにも褒めてもらったのですが…15分後くらいから、ちゅきに異変が…。

眠いんです。

5歳にもなるのに、抱っこをせがみます。抱っこすると2秒くらいで眠りそうになります。
寝ると検査結果がおかしくなるので(睡眠時にも成長ホルモンが出るので、正確な値にならない)、再検査になってしまいます。低身長検査、眠い…ちゅきは寝起きの悪いタイプで…起こすたびに泣き叫んで怒ります。そんなに大声出したら目も覚めるだろ?と思うんですけど、泣き叫んだ数秒後には、また寝ようとします。

そんなこんなの2時間でした…親もぐったり……。

そして検査から1週間後…結果が出ました。

成長ホルモン分泌刺激試験 結果 クロニジン(カタプレス)

クロニジンはい~、成長ホルモン出ました。正常値です。

1回目「アルギニン」・・・〇 正常範囲
2回目「インスリン」・・・×   ホルモン欠損
3回目「クロニジン」・・・〇  正常範囲

という事で、お医者さんと相談して一旦検査はお休みする事になりました。
「ホルモン欠損が2回出るまで何度でも検査をする」という方もいらっしゃるらしいのですが、まだうちの子は小さいので、焦るのは止めようとアドバイス頂きました。

第二次性徴の頃(中学生くらい)で骨が閉じる(?)らしく、ホルモン治療はそれまでなら有効らしいんです。

経過観察のポイントとしては「1年に6センチ程度伸びるか」だそうです(5歳男児の場合)。

ちゅきの骨のレントゲンを見た感じだと「単に成長がゆっくりなだけ」な印象があるので、大二次性徴も遅く来て、スルスルと伸び続けるかも…というお話でした。


現時点では「成長ホルモンが分泌されない病気ではないという事に。
ただ、やっぱり背が伸びなくて平均身長から離されていく一方だったら、1年後くらいにまた再検査しましょう、という話になりました。

成長ホルモン治療って毎日注射するらしいし、ものすごいお金も掛かるらしいので…できれば自力で大きくなりたいよね。

頑張って食べよう!寝よう!
結局そこが結論か~~(汗)

▼低身長関連の過去記事です。

発達障害と低身長

2017.08.27

低身長の検査に行く

2017.09.09

成長ホルモン分泌刺激試験の結果[アルギニン]

2017.09.21

低身長の検査に行く2「インスリン」

2017.10.06

成長ホルモン分泌刺激試験の結果[インスリン]

2017.10.19
Share

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ